ブロッコリーで節約レシピ

友人に教えてもらった「ブロッコリーのザーサイ」を作ってみました。

使用したのは、いつもなら捨ててしまう太い茎の部分。
「ブロッコリーの茎って食べられるの?」と聞いたら、笑われました。
よく考えてみたら、野菜なんだから食べれて当然ですよね。いつも当たり前のように捨てていたので、食べられないものと思い込んでいましたが……。

「ブロッコリーのザーサイ」の作り方は簡単で、薄くスライスしたブロッコリーの茎を、熱くした胡麻油でいためて、火が通ったら、お醤油と、塩と、刻んだ鷹の爪で味付けするだけ。
あまりにも簡単すぎて、「本当にこれだけでいいの?」っていう感じでしたが、味は、ちゃんとザーサイっぽくなります。しかも、びっくりするほど美味しいんです。
このままでも十分テーブルに並べられるのですが、私は、このブロッコリーのザーサイに、酒蒸しした鶏の胸肉を裂いて加え、お醤油少々と胡麻を振って、中華風の和え物料理にアレンジしました。
もちろん、家族にも「美味しい」と大好評。
ちなみに、ザーサイの和え物と一緒に、ブロッコリーのサラダを出していたんですが、同じ食材だと気付いた人は誰もいませんでした。

ブロッコリーの茎だけでなく、キャベツの芯で作っても美味しいらしいので、今度チャレンジしてみようと思います。
野菜の捨てていた部分でメニューが一品増えるし、生ゴミも減って万々歳。
このザーサイは、今後、我が家の節約レシピの定番になりそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *